96年度の動物生態談話会の記録

以下の内容でゼミを行いました。
 演者所属演題
3月17日石田惣京大・理付着性二枚貝ヒバリガイモドキHormamya mutabilisの穿孔性巻貝に対する防御機構の観点からみた殻形態
3月10日浦部美佐子奈良女・理・生物琵琶湖水系におけるカワニナの吸虫相
3月3日奥田昇京大・生態研雌雄の利害をめぐる対立:雄口内保育魚の場合
Conflicts of interest between sexes: a case of paternal mouthbrooding fish
2月24日樋上正美 私のこれまでしてきたこと:オキナワトカゲの成長にまつわる話
2月17日都合によりお休み
2月10日石井励一郎京大・生態研斜面上での低木種の生存戦略〜幹が傾くことのコストとベネフィット
2月3日都合によりお休み
1月27日岡田篤京大・理課題研究発表会「ヌートリアの糞分析に関する研究経過」
1月27日森岡幸平京大・理課題研究発表会「コイ科魚類ハスの左右性の生態形態学」
1月27日石田惣京大・理課題研究発表会「付着性二枚貝ヒバリガイモドキの対捕食者防御機構について」
1月20日渡部健京大・理・動物修論発表会「Cyprichromis loptosomaの月齢周期に同調した産卵とその要因」
1月13日小坂健介京大・理・動物修論発表会「イシガメ及びクサガメの共存域での両種の生息場所利用の違いと生息場所を決める要因に関する研究」
12月16日井出純哉京大・理・動物修論途中経過「ササを食草とするチョウの生息場所利用」
12月9日秋山知伸京大・理・動物演題未定(ハクビシンの生態に関する修論途中経過)
12月2日都合によりお休み
11月25日立澤史郎京大・理・動物明日のために(その1)-D論「二ホンジカ島嶼個体群における密度制御機構の研究」のあらまし-
11月18日小坂健介京大・理・動物ニホンイシガメ・クサガメ共存域での生息場所
11月11日岡田篤京大・理ヌートリアを材料とした課題研究の途中経過
10月28日Harsiwi Tristiani京大・理・動物西ジャワにおけるアゼネズミによるイネの被害解析
10月21日工藤孝也愛媛大・農学研究科天然マダイおよびチダイ幼稚魚の種内種間関係
10月14日山本智子京大・理・動物レイシガイダマシモドキの繁殖周期
9月30日足羽寛京大・理・動物Zacco属の分布と生息域
9月9日井出純哉京大・理・動物同所的にササを食草とするチョウの生息場所利用の比較
7月15日渡部健京大・理・動物Cyprichromis属シクリッドの群と分布の様式
7月8日清水稔京京大・理・動物ベントス食性シクリッド2種の形質置換について:D論計画
7月1日村上興正京大・理・動物CITES新基準−絶滅の恐れについて
6月24日坂田宏志京大・農・昆虫アリのアブラムシ利用戦略とそれにまつわる他種間の作用
6月17日秋山知伸京大・理・動物ハクビシンの形態と生態(修論計画)
6月10日中田兼介京大・理・動物社会性昆虫研究にみられる自己組織化的視点
6月3日伊谷杯ソフトボール大会のためお休み
5月27日加納義彦清風高校バラタナゴの代替的繁殖戦術と受精成功度
5月20日課題研究計画発表
5月13日足羽寛京大・理・動物日本産Zacco属3種の河川内共存
4月22日清水稔京大・理・動物タンガニイカ湖に生息する藻類食性シクリッドSimochromis loockiの摂食生態について
4月22日井出純哉京大・理・動物魚類の左右性の遺伝様式
4月15日秋山知伸京大・理・動物ジャコウアゲハにおけるアロザイム多型と生理的および形態的性質の変異に関する研究

談話会の歴史95



back談話会スケジュールへ戻る