2000年度の動物生態談話会の記録

以下の内容でゼミを行いました。
 演者所属演題
4月17日鹿野雄一京大・理・動物白神山地におけるイワナ個体群の定着性のメカニズムと適応的意義
4月24日五味渕編京大・理・動物ゴールの形態の多様性について(レビュー)
5月1日長行司大也京大・理・動物アリと巣外で共生するシジミチョウ幼虫の適応と戦略について
遠藤千尋京大・理・動物動物による建築物および建築行動が環境におよぼす生態的影響 〜動物の空間利用について
5月15日石田惣京大・理・動物自発捕食と盗み寄生の最適戦略モデル
5月22日鹿野雄一京大・理・動物修論計画 part 2 : 白神山地におけるイワナの定着性とその適応的意義
5月29日神松幸弘京大・生態研センターエゾサンショウウオの生き残り戦略-共食い型幼生の利益とコスト-
6月5日谷垣岳人京大・理・動物交配前隔離の強化仮説に関するReview
6月12日都合によりお休み
6月19日創立記念日のためお休み
6月26日坂田宏志兵庫県立人と自然の博物館アリの組織行動とアブラムシ、花外蜜腺をめぐる種間関係
7月3日本田恵理京大・理・動物コオロギ類の歌と隔離機構
7月10日佐藤綾京大・理・動物同じ食樹を利用する同属2種のハムシの空間的な資源利用の違い
7月17日〜9月11日夏休み
9月18日立澤史郎京大・理・動物馬毛島におけるニホンジカ閉鎖個体群の密度調節機構
9月25日渡部健京大・理・動物脊椎動物の色覚について(仮題)
10月2日北村淳一京大・理・動物ニッポンバラタナゴの産卵母貝における性と鰓の選択
10月9日体育の日のためお休み
10月16日安部倉完京大・理ブルーギルの胃内容調査
10月23日石田惣京大・理・動物盗み寄生リスクによって変動する採餌戦略
10月30日森阪匡通京大・理・動物ハンドウイルカの音声 ー初期音声発達と地域差ー
11月6日谷垣岳人京大・理・動物ヒメハナカミキリ属の種認知について
11月13日五味渕編京大・理・動物修論中間発表
11月20日森阪匡通京大・理・動物行動学会予行
佐藤綾京大・理・動物修論中間発表
11月27日鹿野雄一京大・理・動物白神山地のイワナ:環境の変異とメタ個体群特性の変異、そしてその変異が与えるメタ個体群間の相互作用〜集水面積をキーパラメータに〜
12月4日浦部美佐子京大・理宇治川に移入した腹口類(吸虫綱二生亜綱)の生活環と感染状況
12月11日竹内剛京大・理・動物ミドリシジミ亜族各種の形態と生態の関係
1月22日鹿野雄一京大・理・動物修士論文発表:白神山地における陸封イワナの生態学的研究
2月12日振替休日
2月19日杉山友茂京大・人環形態・生態・分子系統からみたミミズハゼ属魚類の適応放散
2月26日休み
3月5日遠藤千尋京大・理・動物陸上における穴と穴掘り動物の関係についてのレビュー
3月12日五味渕編京大・理・動物アブラムシの資源利用(レヴュー)


談話会の歴史99
談話会の歴史98
談話会の歴史97
談話会の歴史96
談話会の歴史95


BACK談話会スケジュールへ戻る