過去に輪読した本


過去のゼミタイトル

-2012年度-

2月12日(卒業研究発表会)

小山卓也
「表現型とミトコンドリアDNAの解析による Decim種群13年ゼミ2種の独自性の検証」

三品達平
「琵琶湖に生息する 3 倍体フナの進化動態」

2月5日(卒業研究発表会)

大野秀輔
「ヨツモンマメゾウムシにおける飛翔形質の可塑性」

小林卓也
「京都におけるクジラタケTrametes orientalis子実体内部に生息するの昆虫群集の構造}

西村良太
「アミノ酸安定同位体解析を用いた陸貝類の食性分析」

1月29日(修士論文公聴会)

古俣慎也
「ナミアゲハの季節型を決める至近要因」

中野光議
「琵琶湖沿岸湿地帯における2倍体および3倍体フナ類の季節的出現消長と成長の比較
(Seasonal occurrence and growth patterns of diploid and triploid Carassius auratus (Cyprinidae: Teleostei) in the inshore marsh area around Lake Biwa)」

1月21日(博士論文公聴会)

中川 光
「The mitigating mechanisms in competitions among fishes and fish-prey interactions in a temperate stream
(温帯河川における魚種間競争と魚類?餌生物間の捕食被食相互作用の抑制機構)」

1月18日(博士論文公聴会)

柿岡 諒
「Adaptive divergences of cyprinid fishes in relation to divergent habitat use
(異なった生息場所の利用に関連したコイ科魚類の適応的分化)」

12月18日

奥崎穣
Speciation scenario of carabid beetle modeled on body size diversification in Carabus japonicus

12月11日

八杉公基
アンコウ背鰭の左右非対称性から考える並行捕食の卓越メカニズム

小沼順二
Character divergence and genetic background in the adaptive morphology of Damaster blaptoides

12月04日

田畑諒一
琵琶湖産魚類の起源とミトコンドリアゲノムにおける適応進化の可能性
The origin and possible mitochondrial adaptations in Lake Biwa fishes

辻かおる
ナミハンミョウとその近縁種の分子系統
Molecular phylogenetics of tiger beetles: implications for the root of the subgenus Sophiodela (genus cicindela)

11月27日

菅原悠
Factors determining the distribution of Carabus species

坪井助仁(ウプサラ大学進化生物学研究センター)
形態適応は脳の進化を制約するのか?幾何学的形態測定法を用いた形態的制約の検証

11月20日

京極大助
「繁殖干渉は本当に頻度依存か?」
Is reproductive interference really frequency dependent?

山本拓弥
日本のハリガネムシ類の種多様性と季節性
Species diversity and phenology of Nematomorphs in Japan

11月13日

山崎 曜
滝上で平行進化した陸封型ヨシノボリ類とその祖先回遊集団の遺伝的分化と遺伝子流動
“Genetic divergence and gene flow among parallelly landlocked goby and its ancestral migratory populations”

藤巻光太郎
Comparative transcriptome analysis of two closely related ground beetle species using next generation sequencing
~Seeking the candidate genes responsible for the species specific genital morphologies~

11月06日

三品達平
琵琶湖におけるフナ類の倍数性多型に関連した生態的多様化
“Ecological diversification related to polyploidy in Japanese crucian carps in Lake Biwa”

西村良太
アミノ酸安定同位体比を用いた陸貝類の食性分析(経過報告)

10月30日

Simon Song
Multiple paternity in two wild Ohomopterus ground beetles, Carabus maiyasanus, C. yaconinus, assessed by microsatellite DNA markers

大野秀輔
「ヨツモンマメゾウムシにおける飛翔力の遺伝と可塑性」
‘The heredity and phenotipic plasticity of flying ability in Callosobruchus maculates’

10月09日

小林卓也
「卒論中間報告:キノコを利用する昆虫群集」
‘The community of insects which use mushrooms’

小山卓也
「13年ゼミ2種の起源:交雑かスイッチングか」
The origin of two 13-year cicada species: a hybridization or a switching

10月2日

中野光議
「琵琶湖におけるフナ類の生活史と倍数性の関係」
‘The relationship between life history and ploidy of the Japanese crucian carp in Lake Biwa’

古俣慎也
「ナミアゲハの体サイズにみられる季節多形について」
‘Seasonal Polyphenism of Body Size in the Swallow Tail Butterfly Papilio xuthus L.’

7月17日

高橋鉄美
‘Application of RAD sequencing to phylogenetics’

7月10日

太田和孝
藻食性魚類Variabilichromis mooriiの個体群密度に応じた精巣投資 ‘Testes investment in an herbivorous cichlid Variabilichromis moorii’

藤澤知親
‘DNA-based species delimitation with multilocus data: A practical approach using gene tree incongruence’

7月3日

中川光 ‘Seasonal Changes in Predator-Prey Interaction Between Fishes and Their Prey’

6月26日

三品達平「研究計画発表:3倍体フナの起源と形態的特徴」
‘The origin of the triploid in Carassius and its morphological feature’

柿岡諒
‘Adaptive population divergences of fishes in Lake Biwa’

6月19日

小山卓也「13年ゼミの起源:交雑かスイッチングか」
‘The origin of a 13-year cicada species: hybridization or switching’

大野秀輔「ヨツモンマメゾウムシにおける飛翔力の遺伝と可塑性」
‘The heredity and phenotipic plasticity of flying ability in Callosobruchus maculates’

6月12日

西村良太「研究計画:アミノ酸安定同位体による、日本の陸貝類の食性・栄養段階の調査」

小林卓也「研究計画発表:キノコを利用する昆虫群集」
‘The community of insects which use mushrooms’

6月5日

土屋雄三 ‘Speciation by body size differentiation in Ohomopterus ground beetles in Shikoku’

山本拓也「分子同・閧用いたハリガネムシ類の多様性と季節性の解明」
‘Species diversity and phenology of nematomorphs using molecular identification’

5月29日

菅原悠 ‘Factors determining the distribution of Carabus species’

山ア 曜 「ヨシノボリ類(ハゼ科)における平行的適応進化と適応形質の遺伝的基盤」
‘Parallel evolution and genetic base of adaptive traits in Rhinogobius species complex (Gobiidae)’

5月8日

田畑諒一 「琵琶湖産魚類の比較集団ミトゲノミクスを中心とした適応関連遺伝子の探索」
Ryouichi Tabata ‘Detection of genes involved in adaptation to the Lake Biwa environment focusing on comparative population mitchondrial genomics of fishes.’

藤巻光太郎 「オサムシ近縁2種間の比較トランスクリプトーム解析 〜交尾器形態に関与する遺伝子の探索〜」

5月1日

中野光議 「琵琶湖に生息するフナ類の生活史と繁殖戦略」
‘Life history and reproductive strategy in the gynogenetic-sexual complex of Japanese crucian carps in Lake Biwa’

京極大助 「研究計画:アズキゾウムシとヨツモンマメゾウムシにおいて性的対立が種間競争に与える影響」
‘The effect of sexual conflict on the interspecific competition in Callosobruchus chinensis and Callosobruchus maculatus.’

4月24日

古俣慎也 「アゲハチョウの季節多型とその適応的意義」
‘The adaptive significance of seasonal polyphenism in the Swallowtail Butterfly Papilio xuthus L.’

堀道雄 「魚類の左右性;その動態と広がり」
‘Fish laterality; its dynamics and expanse’

-2011年度-

卒業研究発表会 2月21日

山崎曜 「核遺伝子配列を用いて推定された日本産ヨシノボリ属魚類の系統関係」
Phylogenetic relationships of Rhinogobius gobies in Japan inferred from nuclear gene sequences

山本拓弥 「分子同定を用いたハリガネムシ類の多様性と季節性の解明」
Species diversity and phenology of nematomorphs using molecular identification

卒業研究発表会 2月7日

今田弓女 「日本産コバネガにおける寄主植物への摂食選好性と生活史」
Larval feeding preference in their host-plant and life history of the Japanese micropterigid moths

菅原悠 「オオオサムシ亜属2種の分布の決定要因についての実験的検証」
Experimental analysis for the factors determining the distribution of two Carabus (Ohomopterus) species

中筋あかね 「御蔵島周辺に生息するミナミハンドウイルカの生息場所利用」
Habitat use of the Indo-Pacific bottlenose dolphins, Tursiops aduncus, around Mikura Island

修士論文発表会 1月31日

大里沙羅 「口吻の耐荷したモモスズメの生活史特性」
Life-history traits of the hawkmoth Marumba gaschkewitschii in relation to the degenerated proboscis.

楳田修平 「淡水魚オヤニラミ (ケツギョ科) の食性とその決定要因」
Diet and its determinants of the freshwater perch Coreoperca kawamebari (Sinipercidae)

田畑諒一 「分子遺伝学解析による琵琶湖産固有魚種の起源と歴史に関する考察」
Molecular genetic study on the origin of endemic fishes in Lake Biwa

藤巻光太郎 「オサムシ近縁2種間の比較トランスクリプトーム解析」
Comparative transcriptom analysis of two related ground beetle species, Carabus iwawakianus and Carabus uenoi, using next generation sequencing

1月24日

柿岡諒
‘Adaptive population divergence of fishes in Lake Biwa’

博士論文公聴会 1月23日

Nahid Sultana Lucky 「コウイカの左右性:捕食者‐被食者相互作用に注目して」
‘Laterality in cuttlefish in regard to the predator and prey interaction’

博士論文公聴会 1月18日

辻かおる 「植物防御の雌雄差と植食者の適応」
‘Sexual difference in plant defenses and herbivore adaptation’

博士論文公聴会 1月16日

八杉公基 「捕食‐被食相互作用における魚類の左右性:行動学的視点からの解明
‘Fish laterality in the predator-prey interaction:investigation from the ethological viewpoint’

1月10日

中川光
‘The determinant processes of a stream fish community in multiple spatial-temporal scales’

12月13日

渡辺勝敏
日本産淡水魚類のDNA分類の試み
‘DNA taxonomy of Japanese freshwater fishes: a trial’

高橋鉄美
集団内色彩二型の維持機構の解明
‘Mechanism maintaining intra-population colour dimorphism of males in Cyprichromis leptosoma’

12月06日

中野光議
琵琶湖に生息するフナ類の繁殖戦略と生活史多型
‘Reproductive strategy and life history polymorphism in the gynogenetic-sexual complex of Japanese crucian carps in Lake Biwa’

小沼順二
貝食性オサムシにみられる形態的多様化
‘Morphological Dimorphism in the Snail-Feeding Carabid Beetles’

11月29日

古俣慎也
アゲハチョウにおける季節的表現多型の適応的意義
‘The adaptive significance of seasonal polyphenism in the Swallowtail Butterfly Papilio xuthus L.’

11月22日

土屋雄三
四国産オオオサムシ亜属の体サイズ分化による初期種分化
‘Incipient speciation by body size differentiation in Ohomopterus ground beetles in Shikoku’

中筋あかね
御蔵島周辺に生息するミナミハ・塔hウイルカの生息場所利用−母子の注目して−
‘Habitat use of Indo-Pacific bottle nose dolphins (Tursiops aduncus) around Mikura Island - Attention to habitat use of mother and calf-’

11月15日

菅原悠
‘Comparison of temperature effect in the larval stage of the Ohomopterus spicies’

山本拓弥
卒論中間報告:課題研究中間発表:ハリガネムシの種多様性による陸上生態系から河川生態系へのエネルギー流の変化

11月8日

太田和孝
Parkerのsneak-guard modelの再検討:なぜスニーカーは精巣への投資が多いのか?
‘Why do sneakers so heavily invest in testes?’

山崎曜
卒論中間報告:核遺伝子配列を用いた日本産ヨシノボリ属魚類の系統関係の推定
‘Molecular phylogeny of Rhinogobius fishes in Japan inferred from nuclear DNA sequence’

11月1日

楳田修平
オヤニラミの資源利用の個体差
‘Individual differences in resource use of Coreoperca kawamebari’

今田弓女
日本産コバネガの生活史

10月11日

藤巻光太郎
‘"The transcriptome analysis of ground beetle "〜to search the genetic mechanism of genitalia formation in Ohmopterus〜’

大里沙羅
モモスズメの口吻長と相関する生活史特性の変化
‘Life-history traits of Marumba gaschkewitschii echephron (Insecta:Sphingidae)correlating with its proboscis length’

10月4日

藤澤知親
‘A comparative study on correlates of genetic variation of water beetles with DNA-based species delimitation.’

田畑諒一
「日本列島の淡水魚類の進化・多様性形成に果たした琵琶湖の役割」
‘Lake Biwa as a promoter of evolution and diversification of freshwater fishes in Japan’

7月26日

奥崎穣  
‘Mating sequence and function of male genital spinule in Carabus (Limnocarabus) clathratus’

曽田貞滋
‘Introduction of research projects: Evolution of diverse adaptive traits in the carabid beetles ’

7月12日

土屋雄三 「四国産オオオサムシ亜属の体サイズ分化による初期種分化」 
‘Incipient speciation by body size differentiation in Ohomopterus ground beetles in Shikoku’

Nahid Sultana Lucky
‘Dynamics of laterality in cuttlefish’

7月5日

楳田修平 「オヤニラミの資源利用における個体差」 
‘Individual differences in resource use of Coreoperca kawamebari’

6月28日

藤巻光太郎 
‘The transcriptome analysis of the genitalia of ground beetle〜what kind of genes determine the length and shape of the genitalia of Ohmopterus〜’

柿岡諒 「琵琶湖における魚類の適応集団分化」
‘Adaptive population divergence of fishes in Lake Biwa’

6月21日

八杉公基 「D論計画: 魚食性魚類の補食−被食関係に左右性が及ぼす影響」
‘Fish laterality affecting the predator-prey interaction’

山本拓也 「ハリガネムシの種多様性による陸上生態系から河川生態系へのエネルギー流の変化」
‘Changes of energy flow from terrestrial ecosystem to stream ecosystem caused by diversity of Gordionus spp.’

6月14日

菅原悠 「研究計画発表:オオオサムシ亜属の分布決定要因についての実験的検証」
‘Research design: Experimental analysis for the factors determining the distribution of Carabus (Ohomopterus) species’

今田弓女 「苔類食の原始的な蛾類の系統における放散,種分化,特殊化 −日本産コバネガにおける複数種の共存機構および寄主利用」
‘Radiation, speciation, and specialization in a bryophyte-feeding basal moth linage. -Coexistance mechanisms and host-plant utilization pattern of the Japanese micropterigids’

岡田恵梨子 「日本産オオムカデ属Scolopendraにおける地理変異」
‘Geographic variation of Japanese Scolopendra’

6月7日

古俣慎也 「アゲハチョウ科の季節多型と幼虫の擬態」
‘Seasonal polyphenism and larval mimicry of Japanese papilionid butterflies’

中筋あかね 「御蔵島周辺に生息するミナミハンドウイルカの生息地利用」
‘Habitat use of Indo-Pacific Bottlenose Dolphines (Tursiops aduncus) around Mikura Island’

5月31日

中野光議 「琵琶湖に生息するフナ類の繁殖戦略とニゴロブナの生活史多型」
‘Reproductive strategy in the gynogenetic-sexual complex of Japanese crucian carps in Lake Biwa and life history polymorphism of Carassius auratus grandoculis’

山崎曜 「ヨシノボリ類研究のレビューと今後の展望」
      ‘A review of ‘Yoshinobori’ species complex (Rhinogobius spp.) studies and perspectives’

5月10日
中川光 「複数の時空間スケールにおける河川魚類の群集構造決定プロセス」
‘The Determinant Processes of a Stream Fish Community in Multiple Spatio-temporal Scales’

辻かおる 「雌雄異株植物における防御の性差が植食者に与える影響」
      ‘Effects of sexual dimorphism of plant for herbivore’

4月26日
田畑 諒一 琵琶湖魚類群集の成立:分子系統・集団遺伝学からのアプローチ
‘The history of fish community formation: the approaches with molecular phylogenetics and population genetics’

大里 沙羅 口吻の退化したスズメガの消化吸収能力と繁殖特性
‘Capacities for digestion and absorption and reproductive traits of hawkmoth with degenerated proboscis’

4月19日
Simon Deping Song ‘Multiple paternity in a natural population of a wild tobacco fly, Bactrocera cacuminata (Diptera: Tephritidae), assessed by microsatellite DNA markers’

-2010年度-

卒業研究発表会 2月8日
山根 美子 吉田山および瓜生山における陸生大型ミミズ相の解析 &lsquo‘Analysis on the earthworm fauna in Mt. Yoshida and Mt. Uryu’’

2月1日
佐藤 拓哉 ‘Ecosystem alteration by parasite: an experimental test in riparian ecosystem’

小宮 竹史 ‘Ever-adapting fishes in an ever-changing lake: a mechanism for endemic species diversification in Lake Biwa inferred from Sarcocheilichthys fishes’

1月25日
渡辺 勝敏 ハリガネムシの隠れた種多様性:予報       ‘Cryptic species diversity of hairworms (Namatomorpha: Gordiidae) in Japan: a preliminary result’

長太 伸章 ‘Phylogeny and phyliogeography of Acheilognathus tabira and relatied species inferred from multiple gene sequences.’

博士論文公聴会 1月24日
山根 英征 ‘Reproductive strategies and interspecific interactions in nest-association systems of freshwater fishes’

博士論文公聴会 1月19日
玉田 一晃 ‘Inter- and intraspecific variations in reproductive characteristics along a river course in amphidromous Rhinogobius burunneus species complex’

1月11日
Nahid Sultana Lucky ‘Dynamics of laterality in cuttlefish through interaction between cuttlefish and its prey shrimp’

柿岡 諒 ‘Adaptive population divergence of fishes in Lake Biwa: phylogeography and genetic basis for the phenotypic differentation’

12月14日
八杉 公基 ‘Laterality in jaws and relevant handedness in hunting behaviour in a scale-eating characin, Exodon paradoxus’

古谷野 暢 ‘A regional analysis of species association and distribution of the fingernet caddisfly (Trichoptera: Philopotamidae)’

12月7日
曽田 貞滋 ‘Environmental correlates of altitudinal life-cycle and body size variations in a ground beetle Carabus tosanus

11月30日
富永 浩史 「カマツカ種群の進化史:種間相互作用と局所適応に着目して」
    ‘Evolutionary history of Pseudogobio species complex focused on species interaction and local adaptation’

中川 光 ‘Relative contribution of environmental factors and spatial process to structure of a stream fish community in multiple spatial scales’

11月16日
辻 かおる 「雌雄異株植物における防御の二型とそれが植食者に与える影響」
   ‘Effects of sexual dimorphic of plant for herbivore’

土屋 雄三 「シコクオサムシにおける体サイズの高度変異に関与する要因」

11月9日
John Cooley 
   ‘Listening to the hidden biodiversity around us’

大里 沙羅 「口吻が退化したスズメガ類(鱗翅目・スズメガ科)の繁殖戦略」
   ‘Life-history strategy of hawkmoth (Insecta: Lepidoptera) with degenerated proboscis’

藤巻 光太郎 「オオオサムシ亜族の交尾器形態〜種間差に関与する遺伝子〜」
   ‘Gene expression analysis of genitalia formation in Ohomopterus using superSAGE’

11月2日
楳田 修平 「オヤニラミの餌資源利用」
   ‘Food resource use of the freshwater perch Coreoperca kawamebari

山本 哲史 
   ‘Seasonal separation in I. punctigera: Does winter harshness prevent gene flow?’

10月12日
田畑 諒一 「分子遺伝学的解析による琵琶湖産固有魚種の起源に関する考察」
   ‘Molecular genetic study on the origin of endemic fishes in Lake Biwa’

山根 美子「吉田山および瓜生山における陸生大型ミミズ相の解析(中間報告)」
   ‘Analysis on the earthworm fauna in Mt. Yoshida and Mt. Uryu’

10月5日
堀 道雄(教授)「魚類の左右性の広がりと動態」
‘Expanses of fish laterality and its dynamics’

奥崎 穣 (PD)「マークオサムシ雄交尾器の刺状片の機能」
‘Function of male genital spine in Limnocarabus clathratus’

7月27日
Danny Sinyinza ‘Trophic Relations in Deepwater Fish Community in Lake Tanganyika’

7月9日
Jang-Liaw Nian-Hong ‘Phylogeography of Abbottina rivularis (Basilewsky 1852) in Japan and adjacent area’

6月29日
太田 和孝(PD)「繁殖寄生がオスの巣場所選択に与える影響」
‘Social status-dependent nest choice under reproductive parasitism’

土屋 雄三(D1)「四国産オオオサムシ亜属の体サイズ分化による初期種分化」
‘Incipient speciation by body size differentiation in Ohomopterus ground beetles in Shikoku’

6月22日
辻 かおる(D2) ‘Antagonistic evolution of Chloroclystis excisa for sexual dimorphic defense of E. japonica’

柿岡 諒(D2)「タモロコ属魚類の適応的表現型変異をもたらす環境要因と遺伝的基盤」
‘Environmental factors and genetic bases for the adaptipive phenotypic variation in Gnathopogon fishes’

6月15日
玉田 一晃 「両側回遊性ヨシノボリ類の遡上および繁殖生態」
‘Patterns in upstream migration and reproduction in amphidromous Rhinogobius species’

山根 美子(B4)「吉田山とその周辺における陸生大型ミミズ相の解析」
‘Analysis on the earthworm fauna in and around Mt. Yoshida’

6月8日
藤巻 光太郎 (M1) 「オサムシの交尾器の遺伝子発現解析」
‘The gene analysis of the genitalia in ground beetle- what kind of genes determine the shape and length of the genitalia of Ohomopterus’

大里 沙羅(M1) 「スズメガ科における栄養摂取と生活史戦略」
‘Feeding and life histories in Sphingidae(Insecta:Lepidoptera)’

6月1日

田畑 諒一 (M1) 「琵琶湖魚類相の形成過程:比較人口学的解析と固有種の系統関係」 "The process of ichthyofauna formation in Lake Biwa: Comparativedemographical analyses and phylogenetic analysis of endemic species."

楳田 修平 (M1) 「オヤニラミのニッチ個体間変異とナワバリ形成場所の関係」 "The relationship between individual niche variation and territory location in a population of Coreoperca kawamebari"

5月11日

中川 光 (D3) 「温帯河川における魚類群集の空間利用および餌生物との捕食-被食関係の季節動態」
"Space Use and Seasonal Dynamics of Predator-Prey Relationships in Fish Community in Temperate Stream"

4月27日

東樹 宏和 (助教) "Morphological arms race of a seed-predatory weevil and its host camellia plant"
八杉 公基 (D5) 「魚食性魚類の捕食−被食関係に左右性が及ぼす影響」

4月20日

富永 浩史 (D2)「カマツカ種群の二次的接触域における分布および交雑パターン」‘Distribution and hybridization pattern of Pseudogobio species complex in their secondary contact area.‘

-2009年度-

2月9日 (卒業研究発表)

楳田 修平(B4) 「オヤニラミの食性と体長・齢組成」‘Diet and size and age structures of freshwater perch Coreoperca kawamebari (Percichthyidae)’
田畑 諒一(B4) 「琵琶湖産魚類の比較人口学解析」‘Comparative demographic analysis of fish in Lake Biwa&rsquo

1月12日

Danny Sinynza (M2) ‘Study on Deepwater Fish Community in Lake Tanganyika’
Nahid Sultana Lucky (D1) ‘Dynamics of Laterality and interspecific interaction in invertebrate species of cuttlefish and shrimp’

12月15日

張廖 年鴻 (PD) 「Phylogeography of Anura in Taiwan」

柿岡 諒(D1)「タモロコ属魚類の系統地理:適応進化の遺伝的基盤の理解に向けて」Phylogeography of Gnathopogon fishes: toward an understanding of the genetic basis of their adaptive evolution

12月8日

曽田 貞・ (教授) 「Origins of island tiger beetles of the genus Cylindera in East Asia.」

12月1日

渡辺 勝敏 (准教授) 「日本産淡水魚類の種多様性および地域魚類相の均質化」 ‘Potential species diversity of Japanese freshwater fishes and homogenization of their regional faunas’

長太 伸章 (PD)「ミトコンドリアおよび核遺伝子の塩基配列に基づくマイマイカブリの分子系統地理」 ‘Phylogeography of Damaster blaptoides inferred from mitochondrial and nuclear gene sequences’

11月24日

中川 光 (D2) 「温帯河川中上流域の魚類の分布と空間ニッチ重複」 ‘The distribution and niche overlap of fish species in the upper-middle reaches of the temperate stream‘

11月17日

富永 浩史 (D1)「日本産カマツカ種群の形態的分化」 ‘Morphological differentiation of Japanese Pseudogobio species complex’

辻 かおる (D1)「ヒサカキ防御の性差とナミシャクの対抗進化」 ‘Intersexual difference of flower defense and antagonistic evolution of Chloroclystis excisa’

11月10日
八杉公基 (D4)「アンコウとその被食者の間に見られる左右性の影響」 Which is predominant in the relationship between anglerfish and its prey, cross- or parallel-predation?
田畑諒一 (B4)「琵琶湖の魚類相形成の歴史:人口学的解析からのアプローチ」 The history of ichthyofauna formation in Lake Biwa: Approach with demographic analysis

10月13日
楳田修平 (B4) 自然・移入生息地間でのオヤニラミの食性の比較 Comparative study on the diet of freshwater perch between native and non-native habitats.
土屋雄三(M2)四国産オオオサムシ亜属における環境適応と体サイズによる種分化 Adaptation to environment and speciation with body size in Ohomopterus ground beetles in Shikoku island

10月6日
池田紘士 (PD) オサムシ科ゴモクムシ亜科における食性ニッチ分化:安定同位体を用いたmixing modelからの推定 Dietary niche differentiation among harpaline ground beetles estimated from mixing model analyses of stable isotope ratios
太田和孝(PD)精子競争のリスクに応じて決まる精子形質 Sperm phenotypic plasticity in a shell-brooding cichlid.

9月14日(博士論文公聴会)
加藤 義和
論文題目:Invertebrate community structure and habitat characteristics of a temperate bog, Mizorogaike Pond.
(温暖帯高層湿原・深泥池における無脊椎動物群集の構造と生息場所の特性)

7月14日
Nahid Sultana Lucky (D2) "Dynamics of laterality and interspecific interaction in freshwater fish community of Lake Biwa"
竹内勇一(PD)闘魚の闘争行動に関与する左右性

7月7日
山本哲史 (PD)「クロテンフユシャクにおける初冬型と晩冬型生活史の平行進化(?)」
高橋鉄美 (PD)「シクリッドのオス色彩の遺伝子マッピング」

6月30日
中川光 (D2) 「温帯河川の食物網構造に魚類の資源利用の時空間的パターンが与える影響」

6月23日
辻かおる (D1) 「ヒサカキの雌雄で異なる防御とナミシャクの対抗進化」
小沼順二 (PD) 「隔離強化によって生じる生態的形質置換」

6月16日
柿岡諒 (D1) 「タモロコ属魚類の適応進化とその遺伝的基盤」
富永浩史 (D1) 「カマツカ類の分布域形成過程と二次的接触域における共存・交雑」

6月2日
Nahid Sultana Lucky (D1) ‘Dynamics of Laterality and interspecific interaction in Fresh water fish community of Lake Biwa’
井出純哉 (PD) 「笹食蝶類二種の棲み分け機構:笹の一斉枯死前後の比較からわかったこと」 ‘Mechanisms of microhabitat segregation of two Lethe butterflies: a comparative study before and after die-off of a dwarf bamboo’

5月26日
楳田 修平 (B4) 「オヤニラミ(Coreoperca kawamebari)の自然または移入生息地における生活史の比較」Comparison of life history of Coreoptera kawamebari between two habitats: native and non-native
田畑・@諒一 (B4) 「琵琶湖の魚類相形成の歴史:人口学的解析からのアプローチ」

5月12日
小宮竹史(D6)「琵琶湖ヒガイ類の進化史:採餌適応による生態・形態的多様化と急速な集団形成」
山根英征(D6)「魚類の托卵における寄主と寄生種の繁殖戦略と種間相互作用」

4月28日
奥崎譲(D3)「食性ニッチ分化と交尾前生殖隔離によるオサムシ科昆虫の共存」
八杉公基(D4)「魚食性魚類の捕食ー被食関係に左右性が及ぼす影響」
東保しょう子(D3)「演題未定」

4月21日
土屋雄三(M2) 「四国産オオオサムシ亜属における環境適応と体サイズによる種分化」
Danny Sinynza (M1) ‘The Study on Deep Water Fish Communities in Lake Tanganyika’

-2008年度-

卒業研究発表会(2月10日)
石井大介(B4)「ミヤマクワガタの3型における体の各部位の長さの相関関係」
松井彰子(B4)「カダヤシ科魚類における行動の左右性と形態の反対称性との対応関係」

修士論文発表会(2月3日)
辻かおる(M2)「花・H性シャクガによるヒサカキの雄花・雌花の選択的利用」
柿岡諒(M2)「スゴモロコ属魚類の系統地理と形態の多様性」
富永浩史(M2)「広域に分布する淡水魚カマツカの系統地理」 平尾隆(M2)「コウイカ類の左右性とその動態

1月27日
曽田貞滋(教授) 「オサムシ類の体サイズ変異:進化要因解明への展望」
高橋鉄美(gCOE特別研究員) 「同所的に生息するタンガニイカ湖シクリッドCyathopharynx属2種の形態的,遺伝的違い 」

博士論文公聴会(1月20日)
山本哲史(D3) 「冬尺蛾の系統的起源と異時的種分化による多様化」Phylogenetic origin of winter geometrid moths and their diversification through allochronic speciation

理学部2号館2階218号室にて午後4時より行います.来聴を歓迎します.

1月13日
竹内勇一(gCOE特別研究員) 「タンガニイカ湖沿岸域魚類の長期定点調査による群集構造の解明」

12月9日
小宮竹史(D5) 「現在進行形の適応的種形成:琵琶湖固有魚類におけるケーススタディ」
寺西肇(D1) 「捕食行動に捕食者,被食者の左右性が与える影響」

12月2日
長太伸章(教務補佐員) 「北陸地方のコムラサキにおける色彩二型間の遺伝的分化」
池田紘士(教務補佐員) 「飛翔能力の退化、及び生息地の不連続性が地理的分化に与える影響」
山根英征(D5) 「魚類の托卵における寄主と寄生種の相互作用と繁殖戦略」

11月25日
奥崎穣(D2) 「オオオサムシ亜属における体サイズ変異要因の特定および種内体サイズ変異による生殖隔離の検証」
中川光(D1) 「温帯河川中流域の魚類群集における日周スケールでの時間的資源分割」

11月11日
八杉公基(D3) 「魚類の捕食行動,逃避行動に見られる左右性」
土屋雄三(M1) 「四国産オオオサムシ亜属における環境適応と体サイズによる種分化」
赤土 碧(B4) (演題未定)

11月4日
山本哲史(D3) 「フユシャクの時間的分化における地理的様式」
柿岡 諒(M2) 「スゴモロコ属魚類の系統地理と形態分化」
石井大介(B4) 「ミヤマクワガタの大腮の形状の比較」

10月14日
平尾隆(M2) 「コウイカ類の形態における左右非対称性」
松井彰子(B4) 「カダヤシ科魚類における行動の左右性と形態の反対称性との対応関係」

10月7日
辻かおる(M2) 「ソトシロオビナミシャクによるヒサカキの利用」
富永浩史(M2) 「広域に分布する淡水魚―カマツカの系統地理」

特別ゼミ(9月16日)
高見泰興(gCOE特別研究員) 「種間比較法による進化仮説の検証:オオオサムシ亜属における性淘汰と種分化を例に」

2008年前期ゼミ
2008年前期のゼミは7月22日で終了しました。後期のゼミは日程が決まり次第、告知します。

7月22日
渡辺勝敏(准教授)   「西日本の純淡水魚類相の形成史を解明するための課題と アプローチ」
八杉公基(D3)   「魚食性魚類の捕食−被食関係に左右性が及ぼす影響」
東保しょう子(D2)   「演題未定」

7月15日
安部倉完(D6)   「京都市深泥池における外来魚個体群の順応的管理」
小宮竹史(D5)   「琵琶湖固有ヒガイ属魚類の進化史:急速な生態的多様化と種分化」
山根英征(D5)   「ムギツクの托卵戦略と寄主種の対抗戦略」

7月8日
山本哲史(D3)   「冬尺蛾の進化:起源と種分化」
奥崎穣(D2)   「体サイズ分化によるオオオサムシ亜属の近縁種共存」

7月1日
寺西肇(D1)   「干潟での捕食-被食関係を解したカニ類の左右性の動態」「
中川光(D1)   「温帯河川中流域の群集における,魚類を中心とした生物間相・ン作用」

6月24日
太田和孝(gCOE教務補佐員)   「貝で繁殖するシクリッドLamprologus callipterusにみられる体サイズの個体群変異」
加藤義和(D3)   「深泥池浮島の植生類型に応じた大型無脊椎動物群集の構成と栄養構造」

6月17日
課題研究生 研究計画発表
赤土碧(B4)   「中・^土壌動物群集の種構成と植生・隔離の関係」
石井大介(B4)   「ミヤマクワガタの3型の大あごの形態と力の差異」
松井彰子(B4)   「小型魚類における行動の左右性と形態の反対称性との対応関係」

6月10日
小沼順二(PD)   「貝食性オサムシにみられる形態的二型」
土屋雄三(M1)   「四国産オオオサムシ亜属のサイズ分化による生殖隔離」
古谷野暢(M1)   「オビマルツノゼミ幼虫の斑紋多型現象 ほか」

6月3日
辻かおる(M2)   「ソトシロオビナミシャクによる雌雄異株植物(ヒサカキ)の花利用」
柿岡諒(M2)   「スゴモロコ類とデメモロコの形態変異と遺伝的集団構造」

5月13日
曽田貞滋(准教授)   「性選択は種分化を促進する?/!:ババヤスデ属の場合」
平尾隆(M2)   「コウイカ類の形態における左右非対称性」

4月22日
堀道雄(教授)   「水生動物の左右性研究は今」
富永浩史(M2)   「広域に分布する淡水魚―カマツカの系統地理」


back 動物生態ホームページ